目的により選択肢は様々

整体

自分に合ったコースを選ぶ

高齢化社会の進行は急ピッチで、今後それに応じたサービスの需要が高まると考えられています。中でも、その一つにあげられているのが整体師の仕事です。整体師は、骨盤や脊柱の歪みを正し筋肉の調整を行うことで、肩こりや腰痛等の体の痛みを改善に導きます。整体師は医師や柔道整復師とは違い、国家資格が必要とされていません。つまり、誰であっても整体師になるにはなれるというわけですが、実際のところ何の知識やスキルを持たない人がこの職についたとしても、仕事を全うできるはずがないでしょう。整体師になるには、痛みが生じている状態を把握してそれに適した施術を行うための知識と技術が必須です。そこで整体師を目指す多くの人は、整体師を養成する専門学校やスクールでこれらの知識やスキルを学んでいるのです。需要の高まりを受けて、現在整体師を養成する専門学校やスクールはその数を増やしています。ただ、学校ごとにカリキュラムや指導に違いがあり、それをしっかり把握することが大切です。まずはどのような整体師を目指すのかを自分自身で考え、その目標にあった学校やコースを選択しましょう。たとえばエステサロンやリラクゼーションサロンで働く整体師になるには、セラピストとしての技能を学ぶ学校やその課程のあるコースがおすすめです。また、整体院だけでなくサロンや介護施設、スポーツチームのトレーナー等、様々な現場で対応できるスキルを持った整体師になるには、より高度な知識とスキルを習得できる学校やコースを選ぶことが必要です。なお、目標にあったカリキュラムやコースによって学校の在籍日数に違いがあり、数ヶ月で修了するところから2年制を実施しているところ、また社会人向けに夜間や休日に開講しているところ等、様々あることから、こちらも自分の都合やライフスタイルに合わせて選択すると良いでしょう。