赤子と婦人

しつこいアトピーから大切な赤ちゃんを守る手段

水のストック買いが不要に

水

赤ちゃんがいる家庭に最近よく置かれているのが、ウォーターサーバーです。いつでも安全な天然水が飲め、水の宅配もしてもらえるので人気となっています。また、メーカーによっては水の温度設定もできるので、ミルクを作るときにも大変便利といえるでしょう。

もっと読む

ベビーの日焼け対策

赤子とレディ

赤ちゃんは大人と比べ皮膚が薄く紫外線の影響を受けやすいので、日頃から日焼け止めを徹底していくのが良いでしょう。また、赤ちゃんの肌はデリケートであるため、ベビー用の日焼け止めを選ぶことや成分表を確認し低刺激のものを使用することを考慮することが大切です。

もっと読む

生まれつきの肌トラブル

乳児

引っ掻かないよう注意する

肌が生まれつき敏感で弱い赤ちゃんの中には、おなかの中で既にアトピーの症状が出ている赤ちゃんもいます。生まれてからケアをしてあげるときには、まず同じアトピー性皮膚炎の方でも赤ちゃんは特に炎症や刺激に弱い状態なので、洗浄力は非常に弱いものを使いやさしく洗い上げ、しっかりと保湿を行うことが大切です。また爪が長い赤ちゃんは無意識にひっかいてしまうことがあるので、ミトンをつけてあげるなど工夫が必要になります。また肌に直接触れるタオルやガーゼの刺激も懸念されるので、敏感肌の方でも安心して使えるように、洗濯洗剤を界面活性剤などが配合されていない液体石鹸や、無添加のものを用いるなど、赤ちゃんの皮膚の様子を見ながらアイテムを選ぶと良いでしょう。

温度による刺激がある場合

赤ちゃんのアトピーの原因は、なかなか断定できないものです。遺伝や、生まれつきほこりやハウスダストに弱い体質であるなど、原因は赤ちゃんによって様々です。日ごろから、より清潔な生活環境をキープできるように掃除などは念入りにしたほうが良いでしょう。そしてアトピー性皮膚炎による皮膚の痒みは、入浴の際のお湯の温度によって増してしまうこともあります。熱いお湯は体の代謝を良くし血行を促進させかゆみを悪化させてしまうことがあるので、風邪をひかない程度に高温よりは少しぬるめの温度を心がけ、時間をかけずにテキパキと入浴を済ますことが効果的です。そしてたっぷりの保湿をしてあげましょう。ローションやミルクよりも、クリームやバームのように、油分が多いものを塗り込んであげたほうが保湿が持続し肌をなめらかにします。

赤ちゃんの肌に合う服

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんが着るベビー服で一番人気があるのは、綿素材の服です。綿は汗を吸いやすく、通気性も良いので、とても人気です。また、綿素材の中でもオーガニックコットンは農薬を使っていないため、より赤ちゃんに安全とされています。

もっと読む