整体

目的により選択肢は様々

整体師の需要が高まっています。整体師になるには専門の知識とスキルを学ぶために専門学校やスクールに通うことがおすすめです。多数の学校がありますがそれぞれカリキュラムや指導に違いがあることから、自分の目指す整体師にあう学校やコースがあるところを選ぶことが大切です。

詳しく見る

鍼灸

専門学校に通う

鍼灸師になるためには専門学校に通って資格を取得することになります。また、引退したスポーツ選手が彼らをサポートするために、この資格を取得することもよくあることです。それから視覚障害者にも鍼灸師として働く人が多くなっています。

詳しく見る

女性

人のために役立つ

心理カウンセラーはとても人気のある資格です。しかし、誰でも取得できるわけではありません。また、適性もあります。社会貢献意欲があり、親身的になれる人が向いていると言えるでしょう。まず、そのための学習をする必要があります。

詳しく見る

相談

講座を受講しよう

心理カウンセラーになるためには資格が必要なので、通信講座を受講したり、大学に進学したりして基礎知識を身につけていきましょう。そこで受験資格を得てからいよいよ試験にチャレンジということになります。よって、一人前になるまでには多少の期間が必要です。

詳しく見る

勉学

様々な資格を取得できる

日本メディカル福祉専門学校は福祉関係の資格を取得できる学校です。様々な資格を取得できるので、関心のある人は申し込んでみましょう。通常、ホームページから資料請求をすることになっています。その後、正式に申し込みとなります。

詳しく見る

子供達の先生になれる学校

男の人

専門性を生かす

日本メディカル福祉専門学校は日本初の保育士科通信課程と臨床工学専攻科(通信制)を持つ学校です。保育士養成学校で勉強する場合、授業は実習にも恵まれ、4年制大学に比べ短期で資格が取れます。保育士以外の幼稚園教諭や社会福祉士受験資格も取得できます。もちろん授業料も4年制に比べて安いです。日本メディカル福祉専門学校の臨床工学学科は3年間で医学と工学の基礎を学び、日本の医療に貢献できる人材を育てています。またこの学科は通信制も併設しており、働きながら臨床工学士を目指せます。3年後、臨床工学技士を養成する大学に編入も可能な点は将来の大学での研究に興味がある方は見逃せないのではないでしょうか。特に日本メディカル福祉専門学校の就職についてはクラスの担任が中心になり個人面談や就職ガイダンス、キャリアコンサルタントなどを通じて本人の希望に沿った就職支援を行なっています。日本メディカル福祉専門学校の得意分野である社会福祉関係では多数の先輩が卒業しているのも強みです。情報力も豊富にあり、社会的な信頼もある面は大きなポイントになります。また臨床工学技士養成のニーズは高まっており、学校では積極的に最新機器の導入を行い、実習に活用しています。特に実際の医療現場の雰囲気を体験することができる集中治療室を模した部屋も再現したり、人工透析装置では医療施設でも導入されているのが珍しい最新鋭の装置を導入するなど、レベルの高い医療スタッフを養成するべく環境を充実させています。一方で条件はありますが入学金免除などの制度もあり、学費も安い点があげられます。